家庭でもオフィスでも無線LANの導入は増えています。
しかし、中には有線LANが無線LANよりも優れている場合や、有線LANにしかないメリットなどがあるのです。

それでは、無線LANと有線LANのメリットとデメリット、そしてどのような場合に有線LANを選択したほうがいいのかを解説していきます。

▶︎目次

1.無線LANのメリット・デメリット

無線LANのメリット・デメリット

メリット

  • ケーブルがないため、オフィスがすっきりする
  • レイアウト変更に伴う配線工事が不要
  • 範囲内であればどこからでもネットに接続できる
  • スマホやタブレットもカンタンに接続できる

デメリット

  • 有線LANのルーターよりも高額
  • 通信速度が有線LANよりも遅い
  • 場所によっては電波干渉を起こし、電波が届かないところもある
  • 外部から不法侵入される恐れがある
  • 情報量が多い場合は向いていない
  • PCやデバイスが無線LANに対応していない場合も多い
  • 鉄筋コンクリートでは電波が届きにくい
  • 他の電波を発する機器の影響を受けて、通信障害を起こす場合がある

以上のメリット・デメリットから、無線LANは配線をスッキリさせたい場合、通信速度を気にせずにスマホやタブレットでインターネットを楽しみたい場合、複数の部屋でネットを接続させたい場合などに有効です。
ご自宅でしたら無線LANのほうが使い勝手がいいかもしれません。

2.有線LANのメリット・デメリット

有線LANのメリット・デメリット

メリット

  • 無線LANよりも通信速度が速い
  • 通信品質が安定している
  • ルーターやケーブルが安価で、構築しやすい
  • 外部から侵入されるリスクが低い
  • 情報量が多い通信に向いている
  • 目に見えるので不具合が起こった場合に原因を把握しやすい

デメリット

  • LANケーブルが必要で、配線がわずらわしい
  • 大半のスマートフォンやタブレットにはLANポートがなく接続できない
  • ケーブルが邪魔になる

有線LANには以上のようなメリットとデメリットがありました。
セキュリティーの面や通信品質からして有線LANは特にオフィスでは選ばれることが多いです。その他、デスクトップのパソコンを使用している場合や、初期費用を安く抑えたい場合にも有線LANがおススメになってきます。

3.まとめ

無線LANにも有線LANにもメリットデメリットがそれぞれあり、どちらが良いかは使用する環境や状況によります。
最近はノートパソコンで仕事をしたり、個人のデスクが決まっていないというオフィスもあります。そのような場合は無線LANが有利ですが、基本的にオフィスでる要する場合はセキュリティー面や品質などを考慮すると有線LANが有利であると言えます。

>>有線LAN工事のまとめサイトはこちら


Categorised in: ネットワーク構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です